毛玉取りブラシ比較ランキング!長く愛用したくなるデザインが人気


生地の傷まなさと毛玉の取れ具合のバランスが最高な毛玉取りブラシ

毛玉取りブラシを購入した理由

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシを購入した理由は、手持ちのニットのセーターやカーディガンにできる毛玉の処理に困っていたからです。
毛玉取り器も毛玉取りブラシもなにも家になく、今までは毛玉をひとつひとつ、地道にはさみで切っていました。

はさみで毛玉を切り取ると、生地を傷めることもなく確実に毛玉を処理できますが、とても疲れるし時間がかかるのが難点です。
また、手元が狂ってしまったら生地を傷つけてしまうどころか穴を開けてしまうという最悪の結果になってしまうことも。

電動の毛玉取り器は簡単で時間もかからずに手軽にできそうでしたが、生地を傷めてしまったり穴を開けてしまったりのリスクが高い気がして、購入する気がおきませんでした。

icon-magic クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ
そこで、クリーニング屋さんの毛玉取りブラシをネットで見つけて、購入しました。

毛玉取りブラシの使い方

電動毛玉取り器は電気シェーバーのように毛玉を刈り取っていく仕組みですが、毛玉取りブラシは生地をなでて、毛玉をブラシの毛で絡め取る仕組みです。
毛玉を取りたいからと言って、強くニットをなでないようにしましょう。

力を入れないで、優しく、優しく生地をなでてブラッシングしてあげてください。
生地そのものにブラシをぎゅっと押し当てるのではなく、毛玉の上をすーっと滑らせるイメージです。

ブラシは往復させずに、一定方向にブラッシングしてあげましょう。
ニットの編み目に対して平行にしてください。

平らな場所にニットを置いて、片手で押さえながらやるととてもやりやすいですよ。
ブラシの真ん中には穴が開いているので、裏返して毛玉の取れ具合を確認する必要はありません。

また、完璧に毛玉を取ることにこだわりすぎて、何度も何度も繰り返しし過ぎても生地が傷む原因です。
少々毛玉が残っていても気にしないようにするのもポイントです。傷んでしまった生地は元には戻せませんから。

毛玉取りブラシの効果

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシはを購入してみた結果、毛玉はきれいに取ることができました。
生地を傷めることなくできたのがとても満足なポイントです。

猪毛と豚毛、硬さの違う2種類の毛が植えられているので、頑固な毛玉から細かな毛玉まで、余すことなくキャッチできるようです。

とはいっても、強制的にシェーバーで刈り取る電動毛玉取り器とは違いますから、100%の毛玉を取り切るわけではありません。

100%毛玉を処理できても、生地が傷んでしまえば意味がない。
いくら生地が傷まなくても、毛玉が取れなくては意味がない。
クリーニング屋さんの毛玉取りブラシは、生地が傷まず毛玉は取れる、まさに理想どおりの商品でした。
毛玉の取れ具合と、生地の痛み具合のバランスが非常に素晴らしいと思います。

メリット

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシの最大のメリットは、何度も繰り返しになりますが、生地を傷めないことです。
また、電動毛玉取り器と違って電池も使わないので、電池代もかからず、家電製品にありがちな故障の心配もありません。

1回購入すれば、長く使うことができます。
柄の部分も木製でできていて、高級感や品があるのもいいですね。プラスチック製だとどうしても安っぽく見えてしまいます。
長く愛用したくなるデザインなのもメリットですね。

また、毛玉取りブラシについた毛玉を掃除するための、専用のブラシクリーナーがついているのもメリットです。
ステンレス鋼製の非常に細かい熊手になっていて、毛に絡みついた毛玉を根こそぎかきだせるのです。

きれいにお手入れできれば、長く使えますから、ありがたいですね。
皆さんもぜひ、購入してその効果を実感してみてください。
 

 

 

毛玉取りブラシ レビューランキング
楽天ウェブサービスセンター
スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 毛玉取りブラシ比較ランキング!長く愛用したくなるデザインが人気