旅行の飛行機や車運転、会社の椅子におすすめの腰クッション


デスクワーカーに嬉しい腰用クッション

腰痛と肩こりに悩まされるように

デスクワークを長時間続けていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなってしまいます。
筋力が低下しているのも原因でしょうが、腰痛と肩こりに悩まされるようになりました。

仕事を突然変えることもできませんし、根本的な姿勢を直すにも時間がかかってしまいます。
そこでとにかく腰が痛くならないクッションがないかと探している時に出会ったのが「腰痛クッションcucu」でした。

 

購入を決めた理由
腰痛クッションという名前の商品は他にもたくさん販売しています。
その中からたった一つを選ぶのは難しいですね。やはり口コミの多さや、実際に同じような腰痛の悩みを抱えている人の感想を読んで購入を決めました。
お値段も高すぎず安すぎず、効果が期待できそうでした。

またデザインが可愛いというのもポイントの1つでした。色が豊富に販売していますので、使う場所に合わせて選ぶこともできます。

どうやって使うの?

実際の商品は可愛い星型のクッションです。まずイスの背もたれに置いてそこに座ります。

それから両側の突起部分を左右にぎゅーっと引っ張ると、体が自然とクッションに沈みこみます。
引っ張っていた手を離すと、収縮すると同時に左右から腰をホールドしてくれます。

動画でも紹介されていたのを参考して使用すると間違いがありません。
毎回座るたびに左右から引っ張って、という手順が必要なので最初は面倒かなとも思いましたが、慣れると無意識のうちにその動作をしてしまいます。

何度も使っているとクッション内のビーズがクッションの中で下に落ちてしまうため、さかさまにして上のボリュームを出してから座るようにしています。
最初は左右に引っ張る時に硬さを感じますが、使いこんでくると程よく柔らかくなってきます。

へたりはどうなのか?

クッションの内部はマイクロビーズを使用していますので、長時間使い続けると確かにへたりは出てきますがこれは仕方がないことです。
ただ背もたれとして使っている限りではそれ程気にはなりません。

現在半年以上使っていますが、多少へたっているものの腰痛クッションとしての役目はきちんと果たしています。

最初は少しボリュームがありすぎたため、イスによると座面が小さくなるのが気になっていましたが、現在はボリュームダウンしたことでちょうど良い具合に使うことが出来ています。

上下のボリュームダウンしてしまいますが、このクッションは左右に引っ張って使うものなのでへたりとはあまり関係がなさそうです。

デメリットはあるの?

きれいなピンク色を選んだため、一番心配していたのは汚れです。
外側の生地はナイロンとポリウレタンなのでつるりとしているため多少の汚れならすぐにふき取れば取ることができます。
外側の生地も別に傷んだという印象もありません。

ただカバーをはずして洗えるというわけではありませんので、汚れが心配な人は大きめのカバーか布などをかけて使うほうが良いと感じます。

あるいは汚れが目立たない暗めの色を選ぶことをおすすめします。
半年以上自宅で使っていたため、子どもに多少汚れされてしまったのは少し残念です。

肝心の腰痛はどうなったの?


ずっと前かがみになってしまうことが気になっていましたが、cucuを使い始めてから良かったことは腰周りをしっかりサポートしてくれるため前かがみにならなくなってきたことです。

完全に姿勢が良くなるのには時間がかかりそうですが、クッションを使う時には体をクッションに預けるようにして使います。
イスに座った時に背もたれと背中に空洞が出来てしまうとそのせいで腰に負担がかかるのですが、隙間がなくなったことで腰への負担がかなり減ったようです

こんなシンプルなクッションで本当に気になっていた腰痛が改善するのか最初は半信半疑でしたが、これくらいのお値段で試せるのなら早くに購入していれば良かったなと感じています。

5つの書体から選べる!子供用に人気の印鑑

子どもの預金通帳用に作った印鑑
 

なぜ印鑑を作ろうと思ったか

第二子の赤ちゃんが生まれてから、早いもので半年が過ぎました。

第一子が生まれたとき、産後半年くらいの生活が落ち着いてきた頃に出産祝いでいただいたご祝儀や児童手当を預金しておく銀行口座を作りました。

いただいたご祝儀や児童手当を現金のまま自宅にずっと置いておくのは不安があったので、第二子の子にもそろそろ子どもの名義の預金口座を作らなければと思っていました。その為には、まず印鑑を用意しなければなりません。

第一子の子の預金口座を作るときに考えたことですが、いずれは子ども本人に預金口座の通帳を持たせようと思っているので、親の持っている印鑑だと後々共有するには不便な気もして子ども専用の印鑑を作ることにしました。

この印鑑に決めた理由

銀行の認め印なんて100均や安いのでもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、せっかく作るのであればずっと使ってもらえるものにしたいと思っていました。

大人が使うような黒水牛などの印鑑もありましたが何だか味気ない気がしてしまったので、リーズナブルでもう少しオシャレなものはないか探しました。

そして、見つけたのがこの印鑑だったのです。
しかし、印鑑について調べてみると、女性は大体12mmを作る人が多いそうですが、男性はもう少し大きいサイズの15mmを作る人も多いとか。

何でもいいと言われればそれまでですが、せっかく子どもの為に買うのであれば…と大きさを決めるだけでも優柔不断な私は2週間くらい悩んでしまいました。

結局、主人が現在銀行の認め印として使っている印鑑も12mmですし、使い慣れたサイズでいいかなと思い、こちらの12mmのものを購入することにしました。

印鑑を作るときのこだわり

第一子の子にも同じ印鑑を購入したのですが、第一子の娘にはピンクの印鑑、第二子の息子には黄緑の印鑑を購入しました。

一般的に苗字で印鑑を作ることが多いかと思います。
しかし、第一子の子は女の子なのですが、女の子は大人になってお嫁に行くと苗字が変わってしまい旧姓の印鑑は使わなくなってしまいます。

私自身がそうでした。せっかく作るのであれば一生使えるものをプレゼントしたいと思い、娘の印鑑は名前のみを刻印してもらうことにしました。

息子は田舎の長男なので、きっとお婿にいくことはないだろうと思い苗字のみの刻印でお願いしました。
しかし、私の嫁いだこの地域は同じ姓の家庭が多いので、もしも同じような刻印になってしまったら…という心配がありました。

そこでお店の方に問い合わせてみると、この店舗では機械で刻印するそうなのですが、どの印鑑もどこかしらを少しずつ変えているそうで、この世に同じものは2つとないとのことでした。それを聞いて安心してお願いすることにしました。

購入した印鑑が届いた後に思ったこと

実際に購入したものを見ると、光に当たって程よくキラキラした感じがしました。大人が使っていても適度な上品さがあり、写真通りのオシャレな感じもしますし、頼んでよかったと思っています。

私はこの商品を取り扱っている実店舗で購入しました。
購入してから気付いたのですが、この商品を取り扱っている販売店はインターネット上でも多数あり、インターネット上で購入した方が選べる字体が多かったです。

私が購入した販売店では選べる字体が2種類しかなかったので、料金もそんなに変わらなかったと思いますし、もう少しインターネット上でよく検索してから購入してもよかったと思いました。

ですが、実際に印鑑に刻印してもらった字体も個人的には好きな字体なので、大きく後悔している訳ではありません。
もし第三子が生まれることがあったら3人ともお揃いの印鑑にしたいので、そのときもこちらの商品を頼むと思います。

個人的な意見ですが、ピンクの色がもう少し薄い方が好みです。また、文字の上になる方の側面にストーンを付けるなどのオプションがあると嬉しいです。